セラピストの年収・給与を解説!「新人時代の給与」「収入UP法」も

※本サイトは広告が表示されることもあります
セラピストの悩み

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は「セラピストの年収・給与はどれくらいなのか」ということについて書いていきます。
あなたは以下のような方ですか?

〇「セラピストの年収は低いって聞いたけど、本当なの?」
〇「実際セラピストとして働いている人はいくら貰っているの?」

などの疑問をお持ちの方は最後まで見てくださいね。
セラピスト・整体師歴18年以上の私の経験を「赤裸々に描かせて頂いた事実」です。

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

どうぞご覧ください。

セラピストの年収・給与を解説!

では早速セラピストの年収・給与とはどのようなものなのでしょうか?
確認していきましょう。

年収・給与は平均よりも低い

ずばり、セラピストの年収・給与は一般的な職業よりも「低い傾向」にあります。
具体的な平均年収は「約370万円」です。
これを月に換算すると「約31万円」になります。
参考:求人ボックス 給料ナビ(2023)
理由は、セラピスト業は「サービス業」に分類され、「サービス業全体」の収益はお客様側の家庭環境・個人収入に応じて発生するためその「売上から発生する給与・報酬」のためです。
ですので、「経済環境」「住んでいる地域」「働く場所」などで年収・給与が左右されると個人的に考えています。

新人セラピスト時代の年収・給与はコチラ!

では、私個人的な年収・給与はどのくらいだったのでしょうか?
包み隠さず回答します。

新人時代は年収「約240万円」

私の新人時代の年収は「約240万円」でした。
ちなみに初任給は17万7千円程です。
最初の半年間は20万円を切る給与でしたが、半年以降になると私個人を指名して頂けるお客様も増えたため、22~23万円程の給与を頂いていました。
それ以降は年を重ねるごとに2~3万円の収入UPを重ねることができ、管理者となった時(28歳以降) は「月30~40万円以上」ありました。
したがって、一般的な職業よりも年収・給与が低いセラピストですが、自分の頑張り方次第では平均よりも多くの給与を獲得することができます。

よく「セラピストになるのってしんどいの?」と聞かれます。

その問いに対して具体的に書きました。↓↓

セラピストはしんどい仕事なの?現役セラピストが「仕事内容」を解説
「セラピストはしんどいの?」「何がしんどいと感じているのか仕事の本音が知りたい」と疑問をお持ちの方に書きました。現役18年以上の筆者なので、的外れなことは書いていないと思いますよ。「自分がセラピストに向いているのか?」と疑問を持っている方にも参考になると思います。

セラピストの「2種類」の年収・給与形態

また、セラピストの年収・給与形態については大きく2つに分けれることができます。
確認しましょう。

定期的な金額を頂ける「固定給」

まずは安定的に年収・給与を得られる「固定給」があります。
この「固定給」で収入を得るには「正社員」「契約社員」「パート・アルバイト」での契約となります。
「正社員」での契約ではボーナスをもらえる職場などもありますね。

頑張った結果で頂ける「歩合制」

そして頑張った結果を報酬として頂ける「歩合制」があります。
雇用形態としては「業務委託」となるでしょう。
最近はこの「歩合制」による給与体系(報酬)を取っている場所が多いように感じます。
この「歩合制」とはお客様を担当すればするほど給料が上がる仕組みです。
また、セラピストは一人ひとりのお客様に真摯に向き合う時間が長いので、その成果が「報酬」として得られるのはやりがいを感じるでしょう。
私自身もこの「歩合制」で「報酬」を頂いていました。

働く地域でもセラピストの年収・給与は変わる

また、働く地域によってもセラピストの年収・給与は変わると言います。
その理由を解説します。

「都市部は高い」「地方は低い」傾向

具体的には「都市部」のセラピストの報酬は「高く」、「地方」の場所では「低い」傾向にあります。
この理由は、各県別の年収・給与と比例されるためのようです。
私たちセラピストの仕事は「お客様の心身の癒し」を提供することであるため、職種は「サービス業」に当たります。
このお客様が「サービス業」に使う時間・費用は「お客様の余暇の時間・費用」に当たるため、収入の差が結果的に「セラピスト業界」の年収・収入に直結します。

また、セラピストになることは「やめとけ」なんていう人もいますが、ここにその持論を書いてみました。↓↓

現役が「セラピストはやめとけ」と言われる「現実・理由」を解説!
現役18年のセラピスト・整体師が「セラピストはやめとけ」と言われる理由を解説します。「セラピスト・整体師は生活できないのかな?」という方も見てください。セラピスト・整体師の現状をここにまとめました。ぜひこれからセラピストになりたいと思っている方は参考にしてくださいね。

ちなみに私は「今後もセラピスト・整体師」は続けていきますよ♪

セラピストの年収・給与アップの具体例

では、平均の収入・給与が「低い」とされるセラピストではどのような収入UP方法が必要なのでしょうか?

自分の武器を作る

まずは「自分の武器」となるものを作りましょう。
この「自分の武器」を持つことはお客様から見ると「自分への魅力」となるのでとても大切です。
私個人的にはこの「自分の武器」が一番大切と考えます。
具体的な内容はどんなことでも構いません。

「ストレッチをすることが得意!」
「肩の施術は任せて!」
「リフレクソロジーは誰にも負けない!」

などどんなことでも良いです。

また、技術に自信がなければ

「誰よりも会話の『聞き上手です!』」

なんかでも良いですね。
これから「セラピストを始めよう!」と考えている方にも必ずこのいつか「自分の武器」が見つかります。
心配しないでください。
この「自分の武器探し」してみてくださいね。

お客様の獲得

そして、お客様を自分の指名として獲得することも重要です。
ただルーティンのようにお客様をこなしていては年収・給与は上がりません。

「この店舗で、自分が一番お客様の身体面・精神面を知っている人になろう!」

と心がけていれば自然とお客様の獲得に繋がり、自身の指名も増えます。

知識・技術を日々磨く

そして知識・技術を日々磨いてください。
どうしても仕事に「慣れ」が出てくると気づいていないところで精度は落ちます。
これは私も経験済みです。
「自分の武器が錆びていないか」日々見つめ直す努力をしましょう。

独立を目指す

そして独立を目指すことで大きな収入を得ることも出来ます。
独立をした先でお客様はから頂くお金は、経費などを除きすべて「自分の収入」へと変わります。
この「セラピスト・整体師業」に携わっていると一度は「独立したい」と考えるのではないでしょうか?
やはりこの独立では大きく収入が変わります。

「私、セラピスト」が本音で語ります!仕事の「裏・表」「将来性」
「セラピストの本音」について探していますか?「セラピストの裏表」「将来性」を現役セラピストが「本音」で書きました。セラピスト・整体師歴18年以上の筆者ですので、的外れな内容は書いていないですよ。ぜひ最後までこの記事を読んで頂いて今後に生かしてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?
以上のような内容が「セラピストの収入について」になります。
イメージしていたような年収・収入でしたでしょうか?
一般平均には劣る「セラピスト年収」ですが、努力次第で多く稼げる仕事にもなります。
また「手に職」を付ける業態でもありますので、身に付けてしまえばどの地域でも仕事となる職業です。
このブログはたくさんの「セラピスト」に関する記事を書いてますので興味のある方は他の記事も見てくださいね。