【初心者へ】最初は何から勉強する?セラピストの知識を付けよう!

※本サイトは広告が表示されることもあります
セラピストの悩み

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は初心者のみんなへ『勉強方法のコツ・ポイント』を解説していきたいと思います。
とくにこの記事の具体的な内容としては「筋肉の覚え方」について解説します。
こんな方は最後まで見てくださいね ↓

〇セラピスト始めました!…何を勉強したらいいんでしょうか?
〇自分なりに勉強してるんですけど、何も身に付かない…。

などという方は最後まで見てくださいね。
しかし、勉強方法は人それぞれで、私個人的な経験なので『参考』や『案の一つ』としてみてくださいね。
また、この記事で紹介する「説明画像」をPDFにも載せました!(下記にあります
ぜひ日頃の勉強に使ってください

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

ちなみに今も、私の部下には同じように伝えてますよ。
早速見ていきましょう。!

まずは覚え方の「全体的な流れ」を確認

まずはどのような「筋肉の覚え方」なのか流れを確認しましょう。

「大事な」筋肉の覚え方1.大まかな「骨の名前」・「骨の位置」の確認

2.各関節の代表的な動き方の確認

3.覚えるべきランドマーク(骨指標)の確認

4.筋肉の名前を確認

このように考えてます。
「はい、ここで『難しそうだから辞めよう』と思ったアナタ!」
このあとにもっと噛み砕いて解説しますので、もう少し見てください。ね。

筋肉の覚え方!一つずつ見ていこう!

では、早速どのように筋肉を覚えたら良いのか「筆者の案」にはなりますが、見ていきましょう。

1.大まかな「骨の名前」・「骨の位置」の確認

まずは大まかな「骨の名前」・「骨の位置」を確認しましょう。
この記事のテーマは「筋肉の覚え方」ですが、その前に「骨」を覚えるのは重要です。
イメージは「算数」を勉強するために「数字」を覚えることが必要と同じことです。
まず以下の図の番号を覚えましょう。


この「17個」を覚えましょう!
答えとして「ざっくりとした名称・書き方」ですが、まずはここからです。
そのあとに細かな部分を覚えましょう。(読み方も下に解説しますね)
答えはコチラ ↓

1.頭蓋骨(ずがいこつ ・ とうがいこつ)
2.鎖骨(さこつ)
3.肋骨(ろっこつ)
4.胸骨(きょうこつ)
5.上腕骨(じょうわんこつ)
6.橈骨(とうこつ)
7.尺骨(しゃっこつ)
8.骨盤帯(こつばんたい)
9.大腿骨(だいたいこつ)
10.脛骨(けいこつ)
11.腓骨(ひこつ)
12.膝蓋骨(しつがいこつ)
13.肩甲骨(けんこうこつ)
14.頸椎(けいつい)
15.胸椎(きょうつい)
16.腰椎(ようつい)
17.仙骨・尾骨(せんこつ・びこつ)

勉強しやすいように上記と同じPDFファイルも付けておきます (一番下にありますよ)。

これらを把握したら「2番」へ行こう!

2.各関節の代表的な動き方の確認

次は各関節の代表的な動き方を確認しましょう。
こんな単語の使い方をすると「分かりづらそうなイメージ」ですが、そんなことはありません。
各関節とは「肩や膝などの動き」ということです。

最初に覚えるべき「箇所」・「動きの用語」は各6個です。

まず、単語から見ていきましょう。知らない単語を見るかもしれませんので、「大変そう」と思うかもしれませんが、そんなことはないです。

「覚える部位」はとりあえずこの6か所

まずはこの「6か所の部位」「肩関節」「肘関節」「手関節」
「股関節」「膝関節」「脚関節」

そして、
覚える用語はこの6個

この「6用語」を覚えよう!「屈曲」(くっきょく) ・「伸展」(しんてん)
「外旋」(がいせん) ・「内旋」(ないせん)
「外転」(がいてん) ・「内転」(ないてん)

です。
と、言ってもこの言葉だけ並べても分からないですよね。
ですので、「覚え方のポイント」を先に言っておきます。

覚え方その1⇒『体の動き方は共通している』
『肩関節』=『股関節』 用語6個すべて 赤〇印
『肘関節』=『膝関節』 用語2個 青〇印
『手関節』=『足関節』 用語4個 緑〇印
(厳密に言うと「足りない部分」や「関節の構造の違い」はありますが、まずはこれでOK!)

覚え方その2⇒『動きの用語の意味』
屈曲(くっきょく) ⇒ 曲げる
伸展(しんてん) ⇒ 伸ばす
外旋(がいせん) ⇒ 外側にひねる
内旋(ないせん) ⇒ 内側にひねる
外転(がいてん) ⇒ 体の中心から「離れる」
内転(ないてん) ⇒ 体の中心に「近づける」

初めて見る単語だと「イヤ」ですよね。
なので、まずは「は~ん、こういうのあるんだな~」で良いです。
今日は「流し読み」だけをしてもらって、私がどんなことを言いたいのかだけを覚えてください。
そして、

POINT「腕全体」と「脚全体」の動きは連動していること

「6種類の動きの用語」

を覚えてしまえば、頭に入りやすくなります。
具体的な動き方はコチラです ↓(「肩」「肘」「手」で表します。下半身も同様です。)
何となくわかりました?
もう一度言いますけど、「今日」覚える必要はないですよ。
「皆さんのリズム」で勉強してくださいね。(下にPDFあります)

3.覚えるべきランドマーク(骨指標)の確認

次はランドマーク(骨指標)についてです。
「はい、また難しいの来たー、脱落ー-」と、言ったあなた!
言い回しがややこしいだけで「中身は簡単」なので、もう少し頑張りましょう。

この8個だけ覚えていれば『結構すごい』です。

まずは、ランドマーク(骨指標)の意味です。
このランドマーク(骨指標)を一言でいうと、

ランドマーク(骨指標)の意味体の『目印』

です。
私たちの体を触ると、「骨に触れやすい箇所」ってありますよね。
これがランドマーク(骨指標)と呼ぶ場所です。
例えば、

肘を曲げると
「肘の骨の出っ張り」
が出てきますよね。

これは「肘頭(ちゅうとう)」と言います。
この「肘頭」は今覚える必要はありませんが、以下の8個はできるだけ覚えましょう。

覚えてほしい「8個」
⇒ 肩峰(けんぽう) 上角(じょうかく) 下角(かかく)
骨盤
⇒ 腸骨稜(ちょうこつりょう)
股関節
⇒ 大転子(だいてんし)

⇒ 脛骨粗面(けいこつそめん)
足首
⇒ 内果(ないか) 外果(がいか)

この8つを覚えましょう。
この8つの具体的な解説は別ページで解説しています。
(このページに載せると文章が長くなり、記事が見づらくなるので。)

まずはこれらから覚えよう!8つのランドマーク(骨指標)!
こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。 今回は「覚えてほしいランドマーク(骨指標)」について解説していきます。 こんな方はいますか?↓ 〇セラピスト・整体師になったけど「何から勉強したらいいのー?」 〇「細か...

4.筋肉の名前を確認

そして、以上の3つを覚えることができたら「筋肉の名前」を覚えるようにしましょう。
もちろん覚える前から「筋肉名の確認」をしていても構いません。
しかし、以上のことを「知っているか・知らないか」では「筋肉の覚え方」に「圧倒的な差」が出ます。

まとめ

ぜひ以上の3つを覚えてみてください。
そして「実際に調べていく筋肉」の順番は「皆さんが聞いたことある筋肉」「興味がある体の部位」等、皆さんの覚えやすさを選んでいい<と思います。 このブログでも「セラピスト・整体師」として必要な「筋肉名」を紹介しています。 そして、ここに「PDF」を置いておきます!↓↓
筆者がおすすめしたい勉強方法!【PDF】
ぜひ皆さんの「稼ぐ施術」に役立ててくださいね!
一緒に頑張りましょう!!