【業務委託で稼げないと悩んでいるセラピストへ】この3点を見直そう

※本サイトは広告が表示されることもあります
セラピストの悩み

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
この記事は「業務委託で稼げない…」と悩んでいるセラピスト・整体師に向けて書いていきます。
貴方は以下の方ですか?

〇 業務委託として頑張っているけど稼げない…
〇 このまま業務委託としてやっていて生活できるのだろうか…

などと悩んでいる方でしたら、最後まで見てください。
筆者もセラピスト・整体師を18年以上行っていますし、ほとんど期間を業務委託で過ごしています。
ですので、信憑性はあるかと思いますよ。
そして、今でも自分が『自分を見つめ直したいと思う内容』でもあります。

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

ではいきましょう!

【業務委託で稼げないと悩んでいるセラピストへ】この3点をもう一度チェック!

では、早速私たちはどのようなことを振り返るべきなのでしょうか?
私は「以下の3点」がとくに大切だと感じています。

見つめ直してもらいたい「3点」1. 自分で「自分の施術」を受けることを想像してみて、「その施術」を受けたいと思うか?
2.お客様の「本当の要望」に応えられているのか?
3.「アレ」や「コレ」と技術・知識等ばかりに目を向けていないか?

この3点だと感じています。
この一文だけだとまだ漠然としますので、以下に詳しく書きました。
私も書かせてもらいながら、もう一度皆さんと一緒に見直します!

ちなみに、こちらは「私の新人時代の年収」も含めたセラピストの年収について書いた記事です。

セラピストの年収・給与を解説!「新人時代の給与」「収入UP法」も
セラピストの年収や給与について書いている記事です。「実際のセラピストの年収・給与」「給与を上げるにはどうしたらいいの?」と感じている人は見てね。筆者自身も18年以上このセラピスト・整体師を仕事として行っていますので、その経験を赤裸々に描きました。

【業務委託で稼げないと悩んでいるセラピストへ】この3点の解説

では挙げた「3点」について具体的に見ていきましょう。

1.自分で「自分の施術」を受けることを想像してみて、「その施術」を受けたいと思うか?

まずは、『自分で「自分の施術」を受けることを想像してみて、「その施術」を受けたいと思うか?』についてです。
日頃の自分の施術を想像してみてください。
何を考えて施術を行っていますか?

「お腹すいたな~」
「早く家に帰りたい~」
「眠いな~」

なんて考えていませんか?
「施術中の自分の考え」は「施術中の指や手」にも反映しますよ。
お客様は「お金」と「時間」を私たちに託していますので、とても敏感です。
違う場面で考えてみましょう。
私たちがお客様側で、飲食店に行くと仮定しましょう。
厨房で料理を作っている人の姿を見て、

「料理をすること・仕事をすることを楽しそうしている姿」

「やる気の無さそうに・言われるがままに料理をしている姿」

を、見たときにどちらの人が「私たちが『おいしい』と思う料理」を作ってくれるでしょうか?
そして、どちらの人に
「次もこのお店に来てご飯食べたいな」と感じるでしょうか?」
言うまでもなく「前者」でしょう。
「経験年数や味の好み」などはあるにせよ、素直にこの人の料理を食べたいなと思う感覚は「仕事に対する姿勢」だけでもで大きく変わります。
ですので、「後者」のような「やる気の無い考え方」でいたら「一生稼げない」と思って良いでしょう。

2.お客様の本当の要望に応えられているのか?

次に「お客様の『本当の要望』に応えられているのか?」についてです。
私はこの3つの中で一番大切にしています。
それは「本当の要望」という部分に重きを置いているからです。
本当に大切なので長めに書きます。
例を出しますので、考えてみましょう。
私たちは風邪を引いたとします。
風邪を治したいので病院に行きました。
そして、その風邪の症状に対して薬を処方してもらいました。

では、どうして「風邪を引いたから病院で薬をもらおう」という選択肢を取ったのでしょうか?
風邪を引いたことで『仕事を休まなければいけなくなった』
風邪を引いたことで『子供の面倒を見れなくなった』
風邪を引いたことで『趣味の時間を取れなくなった』

などの理由があるでしょう。
これが『本当の要望』です。
「ん?」となるかもしれませんが、
要は、風邪を引いたことで「日常での大切な時間に支障がでてしまった」ということです。
これが病院に行った『本当の理由・要望』です。
ただ単に「風邪を治したい」だけじゃないですよね。
そして、病院がここまでの内容まで掘り下げながら「診察するか・しないか」では、
「またこのお医者さんのところへ行こうか・行かないか」のイメージは変わりますよね。
で、これは私たちのお店に来るお客様・患者様にも当てはまります。
皆さんはお客様からよく聞く、

「肩が凝って辛い」

という『本当の要望』まで話を掘り下げてコミュニケーションを取っているでしょうか?
「稼げない」と悩んでいる皆さんは「どのようなの言動」を取っていますか?
自分が『お金を払う側』となってもう一度、お客様に対しての「自分の言動」を見直してみましょう。

3.「アレ」や「コレ」と技術・知識ばかりに目を向けていないか?

そして『「アレ」や「コレ」と技術・知識ばかりに目を向けていないか?』についてです。
どうしても「新しい技術や知識」を覚えると「覚えた直後にお客様に提供」したくなります。
その気持ちは分かります。
しかし、これは「今のお客様に合うか・合わないか」を吟味する必要があるでしょう。
先ほど言った「『本当の要望』に応えられているか・いないか」ということです。
そして、技術は簡単に身につくものではありません。
ですので、覚えたての技術をお客様・患者様に試すことは失礼です。
そして何度も反復練習して「自分の技術」として身に付ける必要もあります。
お客様は「新しい知識・技術の実験台」ではありません。
ですので、「今の自分の技術の精度」を高めてから新しい技術や知識を覚えることを私は個人的におすすめしたいと思います。

「私、セラピスト」が本音で語ります!仕事の「裏・表」「将来性」
「セラピストの本音」について探していますか?「セラピストの裏表」「将来性」を現役セラピストが「本音」で書きました。セラピスト・整体師歴18年以上の筆者ですので、的外れな内容は書いていないですよ。ぜひ最後までこの記事を読んで頂いて今後に生かしてくださいね。

そもそも、このまま「業務委託を続けていて」良いのだろうか…?

では、もう一つの疑問「業務委託を続けていて良いのだろうか?」ということです。
これはそれぞれ意見・価値観がありますので「一人の一意見」として簡単に見てください。

自分の「生活環境」「考え方」次第で「続ける・続けない」が変わる

「結局それかい!」という返事も返ってきそうですが、でもそれしかありません。
しかし、その「生活環境」「考え方」を掘り下げた時の「メリット・デメリット」はありますので、『一般的な意見』と『私の18年以上の経験』を合わせて書きますので、皆さんの生活環境に照らし合わせて考えてみてください。

業務委託を続けるメリット〇自分の努力次第で稼ぎを増やせられる
〇シフトの融通が利かせやすい
〇技術・知識が身につけば「引っ越し」などで環境が変わっても働ける
〇独立も可能 などなど。
業務委託を続けるデメリット〇働かないと稼げない
〇「有給」・「保険」などの保証は基本的に無い
〇「お客様の入り」次第でもあるので「勤務時間が長い」傾向にある
〇サービス業なので土日勤務が基本 などなど。

私個人的な意見では「引っ越し」などで環境が変わっても稼げることは大きなメリットです。
私は世間がコロナ禍になって、関東から東北に引っ越しました。
しかし、会社・環境が変わっても今までの経験を生かせば「給料として生活に困る」ことはありません。
これは「妻・子」がいる身である私には大きいです。
しかし、「有給」や「保険」などが無いのはデメリットなのは事実です。
また「デメリット」に書きましたが、「土日勤務が基本」というのは私個人的には「メリット」です。
それは平日休みであるがゆえに出かけた先が「どこも混んでいない」ことです。
何度か土日に休んで出かけたことがありますが、「平日休み」の混み合っていない・ゆったりとした環境を味わっていると「土日休みでどこも混んでいる環境を味わいたくない」というのが個人的な感想です。(賛否ありますよ)
また、子供の行事で「土日に休みたい」となれば業務委託なので「シフトの融通は利きやすい」ため休めます。
ですので、個人的な意見としてのメリット・デメリットを総まとめすると、

業務委託が向いている人
〇 独身であり、これからセラピスト・整体師として勉強したい
〇 将来的に独立したい!との気持ちが強い人(未婚・既婚 問わず)
業務委託が向いていない人
〇 経験が浅く(未経験も)て知識がなく、小さな子供がいる人
〇 独立したいとの気持ちが無い
〇 「やってみたいな」との興味 だけの人

「セラピスト・整体師として『プロになるぞ!』」との気持ちが強い人」には業務委託は向いています。
もちろん、これがすべてではないですので「参考の一つ」にしてくださいね。

おさらいPOINT

では最後にこの記事の要点をまとめましょう。

おさらいPOINT
〇 「稼げない」と悩んでいる人へ伝えたいことは以下の3つ
1.自分で「自分の施術」を受けることを想像してみて、「その施術」を受けたいと思うか?
2.お客様の「本当の要望」に応えられているのか?
3. 「アレ」や「コレ」と技術・知識等ばかりに目を向けていないか?
〇 「業務委託」を続けるべきかは『自分の「セラピスト・整体師」に対しての気持ち次第』

強い表現で書きましたが「お金」と「時間」を私たちに割いているお客様・患者様からすれば当然の発想だと思います。
私も書かせてもらいながら「また気持ちを入れ替えて頑張り直そう!」と思いました。
また、色々な不安を抱えている人のために今後「サポート・お手伝い」ができるように準備をしています。
一緒に頑張っていきましょう!