【施術者へ】僧帽筋の解説!初心者でも分かりやすいように解説

※本サイトは広告が表示されることもあります
「上半身」筋肉

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は僧帽筋の基本と関連部について解説していきます。
あなたは以下のような方ですか?

〇セラピスト・整体師を始めたばっかで「僧帽筋」って何ですか…?
〇「僧帽筋」で知っていることは「肩の筋肉」ぐらい…

という方でしたらぜひ最後までご覧ください。
記事の最後の欄には「おさらいPOINT」として総まとめ を書いておきます。
またセラピスト・整体師歴18年以上の筆者の見解も含めながら書いていきますね。

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

では、行きましょう!

僧帽筋の解説!ざっくりと。

では、全くの初心者の方向けに僧帽筋とはどういう筋肉なのか解説していきます。
ちなみに読みは「そうぼうきん」です。
僧帽筋は、後頭部から背面一帯に付着している筋肉です。
僧帽筋の基本的な動きは「肩甲骨を背骨に寄せる」「肩をすくめる」時に使います。
また、僧帽筋は大きな筋肉の為「上部」「中部」「下部」と区分されており、その場所次第で少し働き方が変わってきます。
僧帽筋の上部、中部、下部それぞれの起始停止
デスクワークをしていると「肩はすくんで」しまいますが、この時に働いている筋肉が「僧帽筋」になります。(本当は僧帽筋のみではありません。ここでは割愛します)
一応専門用語でも書いておきますね。
(これらの単語、見るの辛い…って言う方は飛ばしてください 笑)

僧帽筋
「上部」
起始:後頭骨上項線、外後頭隆起、項靭帯を介してすべての頸椎の棘突起
停止:鎖骨外側1/3
作用:肩甲骨上方回旋
   肩甲骨内転
   肩甲骨挙上
   頸部伸展
「中部」
起始:頸椎7番~胸椎3番までの棘突起と棘上靭帯
停止:肩甲骨肩峰、肩甲棘
作用:肩甲骨内転
「下部」
起始:胸椎4番~胸椎12番までの棘突起と棘上靭帯
停止:肩甲棘三角
作用:肩甲骨上方回旋
           肩甲骨内転
   肩甲骨下制
支配神経
運動支配:第11神経(副神経)
感覚支配:頸神経の後枝(C2-3-4)

僧帽筋のストレッチを知ろう

では、僧帽筋のストレッチについて見ていきましょう。
下の絵2種類のストレッチを行ってください。
僧帽筋の効果的なストレッチを2種類解説
まず左側のストレッチです。
このストレッチは「僧帽筋全体」を伸ばすことができます。
コツとしては腕を引っ張るのではなく、「肩甲骨を外側に引っ張るように」腕を内側に持っていく ことです。
もし腕だけを意識してしまうと「別の筋肉」が伸ばされてしまいます。
そして右側のストレッチは「僧帽筋の上部」を中心にストレッチ出来ます。
コツは頭を真横に倒すことと、反対側の腕が持ち上がらないように 気を付けることです。
(もし右側の僧帽筋をストレッチするのであれば、左側の肩が上がらないようにしましょう)
この頭を真横に倒すことで僧帽筋に刺激が届きますので、伸ばす頭の角度には十分に気をつけましょう。

僧帽筋の「トリガーポイント」と「放散痛」

では、次に僧帽筋の「トリガーポイント」と「放散痛」を見ていきましょう。
ちなみに、簡単に「トリガーポイント」と「放散痛」を説明すると、トリガーポイントとは「痛み・症状を発生させるコリ」を言い、<放散痛とは「痛み・症状を感じる箇所・範囲」を言います。

僧帽筋のトリガーポイントと放散痛の解説
このように僧帽筋のトリガーポイントは広範囲にあります。
そして放散痛としても「頭」「肩」「背部」と広範囲に痛み・症状を起こします。
したがって「肩こりからの頭痛」や「肩甲骨周り」の痛みや症状を訴える方には「僧帽筋」も視野に入れながら施術をしましょう。

「トリガーポイント?」「関連痛?」施術者として知るべきこととは?
トリガーポイントや関連痛について解説しています。セラピスト・整体師の方は避けられない内容です。詳しく解説していますので見てください。お客様・患者様の体を把握する上でトリガーポイントや関連痛の知識は必須です。ぜひ今後の施術向上のために覚えましょう!

僧帽筋のアナトミートレイン

次に僧帽筋が関連しているの「アナトミートレイン」を確認しましょう。ちなみにアナトミートレインとは、筋肉と筋肉を繋ぐ「筋膜」を一本のラインにしたものです。

僧帽筋が関わるスーパーフィシャル・バックアーム・ラインの解説
このように僧帽筋は腕に向かって他の筋肉と繋がり、筋膜が続いていることが分かります。
これは「スーパーフィシャル・バックアーム・ライン」と言います。

POINT〇スーパーフィシャル・バックアーム・ライン
腕の「表面」かつ「後面」を走行するアナトミートレイン
首から指先までをつなぐ筋膜
〇スーパーフィシャル⇒表面的な
〇バック⇒後ろ
〇アーム⇒腕

したがって僧帽筋を施術する際には「腕が重要」 ということを覚えておきましょう。

アナトミー・トレインって何?どんなラインで種類はいくつ??
アナトミートレインとは何?という方に書いた記事です。「12本のラインってどんなライン?」「わかりやすい形で教えて!」という方は最後まで見てくださいね。セラピスト・整体師の初心者向けに書いていますので、できるだけ分かりやすく・具体的に書きました。

最後におさらい!

おさらいPOINT
〇僧帽筋は「肩甲骨を寄せる」「肩をすくめる」筋肉
〇僧帽筋のストレッチは「肩甲骨を外側に」「首を真横に」行う
〇僧帽筋は広範囲にトリガーポイントがあり、頭痛に影響する
〇僧帽筋は「腕に関連する」筋肉

これらの要点をしっかりと押さえて皆さんの施術に活かしてくださいね!
しかし、簡単に覚えられることではありません。
ですので繰り返し見てくださいね。
そうしたら「稼ぐ施術」ができるようになりますよ♪
一緒に頑張りましょう!