「アームライン?」「後側がある?」アナトミートレインを解説!

※本サイトは広告が表示されることもあります
アナトミートレイン

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は「アーム・ライン」特に『後ろ側にあるアーム・ライン』について解説していきます。
貴方は以下のような方ですか?

〇「アナトミートレイン?」「アーム・ライン?」… ソレを知って何の意味があるの??
〇セラピスト・整体師として「アーム・ライン」の基本や施術の活かし方を知りたい!

というような方は最後まで見てくださいね。
この記事を見た後は、

〇なるほどね!「アーム・ライン」を知る意味が分かった!
〇明日から「アーム・ライン」を活かして施術ができそう!!

と思ってもらえるように書きました!
ちなみにこのブログはセラピスト・整体師歴18年以上の筆者の見解も踏まえて書いています。
また、記事の最後に「おさらいPOINT」 として内容をまとめていますので振り返ってもらい、復習しやすいように【簡易PDF】も作っています!
ぜひダウンロードして見てくださいね。

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

ではいきましょう。

そもそもアーム・ラインとは?

では早速「アーム・ライン」とくに「後ろ側」とはどのようなラインなのでしょうか?
アームラインの基本も確認しながら見ていきましょう!
そもそも「アーム・ライン」とは4本のアナトミートレインから成り立つラインです。
その4本とはコチラ↓

アームラインとなる「4本」ライン〇表層にあり、前面を通るライン
〇表層にあり、後面を通るライン
〇深部にあり、前面を通るライン
〇深部にあり、後面を通るライン

図で表すとコチラ。↓↓
アームラインとして存在する4本を解説した図要は「表層か深部か」ということと「前か後ろか」の組み合わせです。

そして、このブログでは「前側の組み合わせ」と「後ろ側の組み合わせ」として解説します。
今回は「後ろ側の組み合わせ」で解説しますね。

「アーム・ライン?」「後側がある?」どんなラインなの?

ご覧のように「後ろ側のアームラインは2種類」あり、この2種類とは「浅部」と「深部」で分けられます。(もちろん「前側も同様」です)
この図の見方としましては、左側(青色)は深部のアームライン右側(水色)は浅部のアームラインです。

後ろ側に存在するアームラインの解説図
そして「アームライン全体」の機能としては、↓

POINT〇「下肢」よりも筋・筋膜の繋がりが多い
〇腕は可動が大きいので、「制御」と「安定」を保つため「アーム・ライン」の種類が多い
〇アームラインは体幹からのラインなので、他のアナトミートレインと直接繋がる
〇アームラインは、「体を支える役目」とはなっていない。

などとなります。
また、呼び名としては図の左側(青色)は「ディープ・バックアーム・ライン」 と言い、右側(水色)は「スーパーフィシャル・バックアーム・ライン」 と呼びます。
ちなみに、

スーパーフィシャル : 表面的な
ディープ : 深い

という意味なります。

アナトミー・トレインって何?どんなラインで種類はいくつ??
アナトミートレインとは何?という方に書いた記事です。「12本のラインってどんなライン?」「わかりやすい形で教えて!」という方は最後まで見てくださいね。セラピスト・整体師の初心者向けに書いていますので、できるだけ分かりやすく・具体的に書きました。

アーム・ライン(後ろ側)を通る筋肉

では具体的にどのような筋・筋膜ライン「アーム・ライン」の「後ろ側2つ」はどのような筋肉を通るのでしょうか?
早速見ていきましょう。
ちなみにこのブログは「セラピスト・整体師初心者向け」に書いていますので、簡略化して記載します。
下記の絵と照らし合わせながら筋肉名を追ってみてください。

ディープバックアームラインを走行する筋肉

スーパーフィシャルバックアームラインを走行する筋肉

POINT〇 ディープ・バックアーム・ライン(上の図)
菱形筋・肩甲挙筋 ⇒ ローテーターカフ ⇒ 上腕三頭筋 ⇒ 尺側側副靭帯
⇒ 小指球
〇 スーパーフィシャル・バックアーム・ライン(下の図)
僧帽筋 ⇒ 三角筋 ⇒ 外側筋間中隔 ⇒ 手指伸筋群

これら筋・筋膜のラインを走行します。
セラピスト・整体師であれば「僧帽筋」や「肩甲挙筋」などは聞きなじみのある筋肉かもしれません。
また、「深部」と「浅層」の筋肉が交じり合っていないのも特徴です。
ぜひ施術の精度を上げるためにも覚えておきましょう!

他のアナトミートレインとの関り

また、このアナトミートレインは一つの筋肉に一つだけのアナトミートレインが通る訳ではありません。
アーム・ライン(後側)を通る筋肉は他のどのアナトミートレインと関わるのかを確認しましょう。(それ以外にも繋がりますが簡易的に書いています)

後ろ側を走行するアームラインに関連する他のアナトミートレインの図

POINT〇菱形筋 ⇒ スパイラル・ライン
〇肩甲挙筋 ⇒ ラテラル・ライン (肩甲挙筋の構造上ラテラル・ラインの働きもする)
他のアナトミートレインのリンク〇スパイラル・ライン ⇒ コチラ!
〇ラテラル・ライン ⇒ コチラ!

このように「後面のアーム・ライン」は「スパイラル・ライン」と「ラテラル・ライン」が関わります。
したがって、実際に施術を行う際もこの他のアナトミートレインも考慮しないといけないかもしれませんし、生かすことができればより良い施術になると思います。

おさらいPOINT

では最後にアーム・ライン(後ろ側)をおさらいをしましょう!

おさらいPOINT
〇「浅層」と「深部」で分かれており、浅層と深部が交り合うことはない
〇他の筋・筋膜との関連が多い
〇体の支柱とはならない
〇浅層と深部それぞれ、「体幹~指先」へと連携している

ぜひこれらの内容を「自分の物」にして頂き、「稼ぐ施術」を実行してください。
また、一回では到底覚えられる内容ではないので、何度も反復して覚えてくださいね。

そして「簡易PDF」も作りました!↓
『アーム・ライン(後ろ側)』を解説!【PDF】
このブログを見なくても簡単な復習ができるようにしておきましたので、ダウンロードして見てください。