私「筆者」の「基本的な知識」と「施術への考え方」

※本サイトは広告が表示されることもあります
筆者のベース

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は、

「私の基本的な知識」
その知識をどのように施術に生かしているのかという
「施術への考え方」

について書いていきたいと思います。
また、最後には「知識以外」での「施術以外への取り組み方」も少し書きますね。

〇あんた何考えてんの?
〇何か色々書いてあるけど「書いてるだけ」なんじゃないの?

という方でしたらぜひ見てください 笑
この記事を読んで頂いたら
あー、そうやってこのブログ見ればいいのね!
と思ってもらえるように書いていきます。
ではいきましょう!!

私の「基本的な知識」はこの「3つ」!

私の基本的な知識はコレになります ↓

私の基本知識1.機能解剖学
2.トリガーポイントと放散痛
3.アナトミートレイン

この3つです。
以下に「この3つの簡単な説明」をした後に「どのように施術に生かしているのか」を書き、最後に「知識以外での施術への考え方」を書いていきますね。

3つの簡単な説明

1.機能解剖学

まず一つ目の「機能解剖学」です。
この「機能解剖学」を簡単に説明しますと、「骨・筋肉をメインとした解剖学」を言います。
ちなみによく皆さんが「解剖学」と聞くと「内臓」を思い浮かべるかと思いますが、これは「解剖生理学と言います。
(記事の内容と外れるので、詳しい説明は割愛します)

この「機能解剖学」を知ることで、体の「骨・筋肉・神経」などを知識として得ます。

私がこの「機能解剖学」を知るということは「数字」を覚えることと同じだと思っています。
(「数字」を知らないと「足し算」や「掛け算」などをできないですからね。)

そしてこの「数字」を覚えることで「足し算」や「掛け算」に該当する「施術」ができるようになると考えています。

2.トリガーポイントと放散痛

次に2つ目のトリガーポイントです。
このトリガーポイントはと、一般的に言う「コリ」です。
よく「ツボ」なんていう方もいますよね。
これは疲労が蓄積して「筋肉の繊維が硬くなった」ことによってできたものです。

そしてこのトリガーポイントに合わせて出てくる言葉に「関連痛」や「放散痛」という単語があります。
この「関連痛」や「放散痛」とは「トリガーポイント」から発生した症状のことを言います。

簡単に言うと「肩こり」から出てきた「頭痛」などです。

「トリガーポイント」と「関連痛・放散痛」の一例肩こり:凝っているポイント⇒「トリガーポイント」
頭痛:「トリガーポイント」から発生した症状

この「関連痛」と「放散痛」は同義語として捉えて構わないです。
(厳密には違いますが、このブログ内では広範囲の意味「同義語」として使っています。)

私はこの「トリガーポイント」と「関連痛・放散痛」を、

『お客様の辛さ』

『来店目的の把握』

として捉えています。

「トリガーポイント?」「関連痛?」施術者として知るべきこととは?
トリガーポイントや関連痛について解説しています。セラピスト・整体師の方は避けられない内容です。詳しく解説していますので見てください。お客様・患者様の体を把握する上でトリガーポイントや関連痛の知識は必須です。ぜひ今後の施術向上のために覚えましょう!

3.アナトミートレイン

そして最後の3つ目の「アナトミートレイン」についてです。
このアナトミートレインを知ることにより、筋肉同士の関連性を知ることができます。

この「筋肉同士の関連性」を知ることができると、

お客様にしつこく問診をしなくても
お客様が「押して欲しい」または「実は気になっているんだ」
という箇所

を把握することができます。
このようにアナトミートレインからの筋肉同士の関連性把握して、それを元にお客様と話をすると、

「どうしてわかるんですかー-?」

なんてビックリされます。
これも「施術者」としてお客様との信頼関係を保つための一つですよね。

アナトミー・トレインって何?どんなラインで種類はいくつ??
アナトミートレインとは何?という方に書いた記事です。「12本のラインってどんなライン?」「わかりやすい形で教えて!」という方は最後まで見てくださいね。セラピスト・整体師の初心者向けに書いていますので、できるだけ分かりやすく・具体的に書きました。

これら3つをどのように生かしているのか

私はこれらをこのように生かしています

私なりの活かし方〇施術前の問診・コミュニケーション = 「トリガーポイント」&「関連痛・放散痛」
『これからやる施術を組み立てるイメージを作る』
〇施術中の問診・コミュニケーション = 「アナトミートレイン」
『実際やってみて最初の組み立てで大丈夫か?また、今後施術をやるならこの方向性でいいのかな?』
〇「トリガーポイント」&「関連痛・放散痛」 &「アナトミートレイン」を理解する
「機能解剖学

少し伝わりづらいと思いますので、文章にもまとめておきますね ↓。

お客様の要望・イメージに応える施術をしたい。

施術前の問診・コミュニケーションで「どのように施術をするべきなのか」を『お客様と私たちで』同じ内容を共有・確認する

施術中の問診・コミュニケーションでお客様の体に沿った・合わせた施術計画を提案する

それを知る・提案できるようになるためには「機能解剖学」が必要

「知識以外」での「施術への取り組み方」

知識以外での取り組みとしては、

知識以外での施術への取り組みサービス業としてどれだけお客様に喜んでもらうかを意識

しています。
それを詳しく解説しているのはコチラの記事になりますので、気になる方はコチラを見てください。

(この記事の中にしっかりと思いを書いています)

「セラピストの将来性」とは?「現役」が今後の業界展望を解説!
「セラピストの将来性」が気になりませんか?「AIや人工知能」が発達し、テレワークも広がり始めました。今後のセラピストの将来性に関心があればぜひこの記事を見てください。セラピスト・整体師歴18年以上の筆者がリアルに感じる意見を書きました。ぜひ見てくださいね。

要点だけ書くと、

お客様が望んだものを具体化できていますか?
皆さんが『お客様側』に立った時に「どのようなことを考えますか?」

ということを私の経験を交えて書いています。

この記事だけでは「すべて」の私の思いが伝わらないと思いますので、いろんな記事見てくださいね!