【施術者へ】脊柱起立筋群を解説!初心者でも分かるように!

※本サイトは広告が表示されることもあります
「上半身」筋肉

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は「脊柱起立筋群」の基本と関連部について解説していきます。
あなたは以下のような方ですか?

〇セラピスト・整体師を始めたばっかりで「脊柱起立筋群」?…「そもそも読み方…」
〇「脊柱起立筋群」を上手くほぐしたいー。

という方でしたらぜひ最後までご覧ください。
記事の最後の欄には「おさらいPOINT」として総まとめを書いておきます。
またセラピスト・整体師歴18年以上の筆者の見解も含めながら書いていきますね。

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

それでは行きましょう!

脊柱起立筋群の解説!ざっくりと。

では、全くの初心者の方向けに「脊柱起立筋群」とはどのような筋肉なのか解説していきます。ちなみに読み方は「せきちゅうきりつきんぐん」です。

脊柱起立筋群は「背骨沿い」の筋肉

脊柱起立筋群とは「背骨沿い」にある筋肉です。
そしてこの「脊柱起立筋群」は「群」と表記されていますが、言葉通り複数の筋肉が組み合わさってできているものです。
(下に具体的な筋肉名も書いておきます)
脊柱起立筋群の働きとしては「背中を反らす」や「姿勢を維持する」ということになります。
脊柱起立筋群を要約した説明図
そして先ほども言いましたが「脊柱起立筋群」は複数の筋肉からできており、それは「腸肋筋」「最長筋」「棘筋」の3つです。
ちなみに体の外側から「腸肋筋」「最長筋」「棘筋」の順で付着しています。
書いてはおきますが、この3つの筋肉を覚えるのは「心」と「体」に余裕があるときで大丈夫ですよ。
脊柱起立筋群を腸肋筋,最長筋,棘筋に分解した説明図
上記には簡潔に「脊柱起立筋群」を書きましたが、一応下にも専門用語で記載しておきますね。
(脊柱起立筋群に関しては下記を具体的に覚える必要も然程ないですが、『作用』と『拮抗筋』は把握できるようにしましょう)

脊柱起立筋群
起始:仙骨 、腸骨稜 、椎骨の棘突起と横突起 、肋骨
停止:肋骨 、椎骨の棘突起と横突起 、側頭骨 
作用: 胸腰椎 伸展
胸腰椎 側屈
生理的弯曲の維持 (座位・立位時)
    脊柱の安定 (歩行時)
支配神経 : 頚・胸・腰神経の後枝
脊柱起立筋群の拮抗筋:腹直筋

脊柱起立筋群のストレッチを知ろう

では、脊柱起立筋群のストレッチについて見ていきましょう。
下の絵のストレッチを見てください。
このように「脊柱起立筋群」をストレッチする際には、四つん這いになり、背中を丸めます。
そして、伸ばす際の注意点やコツもあるので一緒に確認してみましょう。↓
脊柱起立筋群を効果的に伸ばすストレッチ

POINT〇頭は「おなかを見るように」丸める
〇背中は、上から「引っ張られる」イメージ持って丸める
〇背骨沿い全体がストレッチされていることを確認して行う

この形を意識してストレッチを行えば「脊柱起立筋群」は伸びますよ。

脊柱起立筋群の「トリガーポイント」と「放散痛」

では、次に脊柱起立筋群の「トリガーポイント」と「放散痛」を見ていきましょう。
脊柱起立筋群は細かい筋肉が重なる筋肉ですので、トリガーポイントと放散痛の部位を特定して紹介します。
「胸椎5番、胸椎11番」「腰腸肋筋と胸最長筋での腰椎1番」との比較です。
ちなみに、簡単に「トリガーポイント」と「放散痛」を説明すると、トリガーポイントとは「痛み・症状を発生させるコリ」を言い、放散痛とは「痛み・症状を感じる箇所・範囲」を言います。
脊柱起立筋群に生じるトリガーポイントと放散痛の説明(胸椎について)

脊柱起立筋群に生じるトリガーポイントと放散痛の説明(腰椎について)

このように脊柱起立筋群のトリガーポイントはポイントよりもその周辺に強い痛みが出ます。
また、痛みを感じる範囲自体も広いです。
ですので、「背中以外にも体幹部分に痛み・症状を感じる」ようでしたら脊柱起立筋群も疑ってみましょう。

「トリガーポイント?」「関連痛?」施術者として知るべきこととは?
トリガーポイントや関連痛について解説しています。セラピスト・整体師の方は避けられない内容です。詳しく解説していますので見てください。お客様・患者様の体を把握する上でトリガーポイントや関連痛の知識は必須です。ぜひ今後の施術向上のために覚えましょう!

脊柱起立筋群のアナトミートレイン

では、脊柱起立筋群が関連しているの「アナトミートレイン」を確認しましょう。
ちなみにアナトミートレインを簡単に言いますと、筋肉と筋肉を繋ぐ「筋膜」を一本のラインに表したものです。
ちなみに「脊柱起立筋群」のアナトミートレインは「2つ」あります!
見ていきましょう!
脊柱起立筋が関連するアナトミートレイン

POINTスーパーフィシャル・バック・ライン
⇒全身の背面を走行している筋膜ライン
スパイラル・ライン
⇒頭部から足裏までをねじるように走行している筋膜ライン
〇 スーパーフィシャル ⇒ 表面的な

このように脊柱起立筋群は「スーパーフィシャル・バック・ライン」と「スパイラル・ライン」の2つのアナトミートレインが存在します。
これら2つの大きな共通点は頭部から足先まで繋がっていることです。
したがって、「背部全体的」の疲労や辛さを訴えるお客様でしたらこの2つのアナトミートレインの関連を考えてみましょう。

アナトミー・トレインって何?どんなラインで種類はいくつ??
アナトミートレインとは何?という方に書いた記事です。「12本のラインってどんなライン?」「わかりやすい形で教えて!」という方は最後まで見てくださいね。セラピスト・整体師の初心者向けに書いていますので、できるだけ分かりやすく・具体的に書きました。

最後におさらい!

では、最後におさらいをしましょう!

おさらいPOINT
〇脊柱起立筋群 ⇒ 背骨沿いの筋肉で「複数の筋肉」で構成されている
〇脊柱起立筋群の働きは「背中を反らす」「姿勢を維持する」
〇脊柱起立筋群のストレッチ ⇒ 四つん這いになり、背中を丸める
〇脊柱起立筋群のトリガーポイントは「ポイントよりもその周辺」に強い痛みが出やすく、痛みの範囲も広い
〇脊柱起立筋群のアナトミートレインは「頭部から足先まで」繋がっている

これらの要点をしっかりと押さえてくださいね!
しっかりと今後の施術に生きますよ!
しかし、一回で覚えられる内容でもありません。
ですので、何度も見てくださいね。
そうしたら、自分の知識として身に付き「稼ぐ施術」ができますよ。