【施術者へ】内転筋を解説!初心者でも分かるように!

※本サイトは広告が表示されることもあります
「下半身」筋肉

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は「内転筋」の基本と関連部について解説していきます。
あなたは以下のような方ですか?

〇セラピスト・整体師ですけど、「内転筋?」「聞いたことあるような・無いような?」
〇内転筋ってなんか「複数個」なかったー??気のせい??

という方でしたらぜひ最後までご覧ください。
記事の最後の欄には「おさらいPOINT」として総まとめを書いておきます。
またセラピスト・整体師歴18年以上の筆者の見解も含めながら書いていきますね。
そして、「簡易PDF」も作ってします!
日頃の勉強に使ってくださいね。
ぜひ最後までご覧あれ!
それでは行きましょう!

内転筋の解説!ざっくりと。

では、全くの初心者の方向けに「内転筋」とはどのような筋肉なのか解説していきます。
ちなみに読み方は「ないてんきん」です。

内転筋は『大きく4つ』に分けた筋肉の総称

内転筋とは「大きく4つ」に分けた筋肉の総称をいいます。太ももの内側にある筋肉です
その4つとは「長内転筋」「短内転筋」「大内転筋」「小内転筋」です(読み方は下の図で)。
(本当はそれぞれを詳しく書きたいのですが、長すぎるので「内転筋」と称して書きます。)
この4つの内転筋の基本的な働きは「股関節をがに股にする」時や「股関節を内に寄せる」時などに働きます。
内転筋は大内転筋、小内転筋、長内転筋、短内転筋で構成されている

内転筋の起始停止・作用について解説

上記には簡潔に「内転筋」を書きましたが、一応下にも専門用語で記載しておきます。
(『見てると辛い』っていう方は「今日は」スルーしても良いですよ。でも「いつか」は目を通してね)

内転筋
起始:恥骨前面 (恥骨枝)
   坐骨結節(大内転筋のみ)
停止:大腿骨内側の全長
作用:股関節 内転
       外旋
長・短内転筋のみ : 大腿骨 屈曲(伸展位から)
                  大腿骨 伸展(屈曲位から)
支配神経 : 閉鎖神経 前枝・後枝(L2,3,4,5,S1)

内転筋のストレッチを知ろう

では、内転筋のストレッチについて見ていきましょう。
下の絵のストレッチを見てください。
内転筋を効果的に伸ばすストレッチ
このように「内転筋」をストレッチする際には、「足裏同士を固定」しながら「かかと」を体に引き寄せましょう。
そして、伸ばす際の注意点やコツもあるので一緒に確認してみましょう。↓

POINT〇足裏同士はしっかりと固定(固定されないと安定的に伸びない)
〇かかとを「体に引き寄せる」ほど伸びる
〇物足りない人はかかとを付けたまま前屈する

この形を意識してストレッチを行えば「内転筋」は伸びますよ。

内転筋の「トリガーポイント」と「放散痛」

では、次に内転筋の「トリガーポイント」と「放散痛」を見ていきましょう。
ちなみに、簡単に「トリガーポイント」と「放散痛」を説明すると、トリガーポイントとは「痛み・症状を発生させるコリ」を言い、放散痛とは「痛み・症状を感じる箇所・範囲」を言います。
内転筋のトリガーポイントと放散痛
このように内転筋はトリガーポイントを中心に痛みを感じます。
また、「長内転筋」や「短内転筋」は痛む範囲が広く、「股関節外側~内くるぶし」まで痛みを及ぼすことがあります。
したがって、太ももの「内側全体」や「ふくらはぎ内側」付近まで痛みを感じる方は「内転筋」のアプローチも考えてみましょう。

「トリガーポイント?」「関連痛?」施術者として知るべきこととは?
トリガーポイントや関連痛について解説しています。セラピスト・整体師の方は避けられない内容です。詳しく解説していますので見てください。お客様・患者様の体を把握する上でトリガーポイントや関連痛の知識は必須です。ぜひ今後の施術向上のために覚えましょう!

内転筋のアナトミートレイン

では、内転筋が関連しているの「アナトミートレイン」を確認しましょう。

内転筋のアナトミートレインは「4つすべてが関わるアナトミートレイン」と「単体で関わるアナトミートレイン」があります。
ちなみにアナトミートレインを簡単に言いますと、筋肉と筋肉を繋ぐ「筋膜」を一本のラインに表したものです。
見ていきましょう!
内転筋が関連するアナトミートレイン

POINT〇ディープ ・フロント・ライン
⇒ 体の「深部」を走行するアナトミートレイン
〇スパイラル・ライン
⇒ 体を「螺旋(らせん)」で走行するアナトミートレイン
〇フロント・ファンクショナル・ライン
⇒ 運動時やスポーツ時に活動するアナトミートレイン
〇 ディープ:深い
〇 フロント:前側
〇 スパイラル:螺旋(らせん)
〇 ファンクショナル:機能的

このように内転筋には「ディープ・フロント・ライン」「スパイラル・ライン」「フロント・ファンクショナル・ライン」の3つが走行します。
具体的に「3つ」を解説したものは、別記事にありますので、コチラをどうぞ!↓↓

したがって、内転筋をアプローチする際には「この3つのアナトミートレイン」も踏まえた施術構成を考えてみましょう!

アナトミー・トレインって何?どんなラインで種類はいくつ??
アナトミートレインとは何?という方に書いた記事です。「12本のラインってどんなライン?」「わかりやすい形で教えて!」という方は最後まで見てくださいね。セラピスト・整体師の初心者向けに書いていますので、できるだけ分かりやすく・具体的に書きました。

最後におさらい!

では、最後におさらいをしましょう!

おさらいPOINT
〇内転筋 ⇒ 太ももの「内側全体」に存在する筋肉
〇縫工筋の働き ⇒「股関節をがに股にする」「股関節を内に寄せる」など
〇縫工筋のストレッチ ⇒ 「両足裏を合わせ、あぐらをかき、開く」
〇縫工筋のトリガーポイント ⇒ トリガーポイントの周辺に強い痛み。
〇縫工筋のアナトミートレイン⇒ 全体的に「ディープ・フロント・ライン」。あと単独で2つ。

これらの要点をしっかりと押さえてくださいね!
身に付けばきっと施術に役立ちますよ。
でも、一回で覚えられる内容じゃないので、繰り返し見てくださいね。
そして、「簡易PDF」も作りました!↓↓
内転筋の解説【PDF】
ぜひ日頃の勉強に役立ててくださいね。
そうしたら、自分の知識として身に付き「稼ぐ施術」ができますよ。