【施術者へ】大腿二頭筋を解説!初心者でも分かるように!

※本サイトは広告が表示されることもあります
「下半身」筋肉

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は「大腿二頭筋」の基本と関連部について解説していきます。
あなたは以下のような方ですか?

〇セラピスト・整体師を始めたばっかりで「大腿二頭筋」?…「どこー!!」
〇「大腿二頭筋」の関連を教えてー。

という方でしたらぜひ最後までご覧ください。
記事の最後の欄には「おさらいPOINT」として総まとめを書いておきます。
またセラピスト・整体師歴18年以上の筆者の見解も含めながら書いていきますね。

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

それでは行きましょう!

大腿二頭筋の解説!ざっくりと。

では、全くの初心者の方向けに「大腿二頭筋」とはどのような筋肉なのか解説していきます。ちなみに読み方は「だいたいにとうきん」です。
大腿二頭筋とは「太ももの裏」にある筋肉です。
もう少し詳しくいうと「太ももの裏の外側」の筋肉になります。
また、大腿「二頭」筋と書きますが、これは「長い筋肉」と「短い筋肉」の2つが合わさって「大腿二頭筋」と呼ぶためです。
この「長い筋肉」を「長頭(ちょうとう)」「短い筋肉」を「短頭(たんとう)」と言います。
大腿二頭筋の働きとしては「膝を曲げる時」や「下半身を後ろに反らす」になります。

そしてこの「大腿二頭筋」は別記事で紹介する「半腱様筋(はんけんようきん)」と「半膜様筋(はんまくようきん)」と合わさることで、「ハムストリングス」という名前の筋肉になります。
これもあとで覚えておきましょう。
上記には簡潔に書きましたが、下には専門用語でも記載しておきますね。
(この一覧見ると「つらい…」って言う方は今日は飛ばしてください 笑
でもいつかは見ようね。)

大腿二頭筋
起始:坐骨結節 、大腿骨後面
停止:腓骨頭 、脛骨外側顆
作用: 膝関節 屈曲
股関節 伸展
    (膝関節屈曲時)下腿 外旋
支配神経 : 坐骨神経の枝(L4,5,S1,2,3)
大腿二頭筋の拮抗筋:大腿四頭筋

大腿二頭筋のストレッチを知ろう

では、大腿二頭筋のストレッチについて見ていきましょう。
下の絵のストレッチを見てください。
大腿二頭筋のストレッチを解説
このように「大腿二頭筋」をストレッチする際には、伸ばしたい脚を内側に向け、体を前に倒します。
そして、伸ばす際の注意点やコツもあるので一緒に確認してみましょう。↓

POINT〇つま先はしっかりと曲げる
〇膝も伸ばし、曲がっていないことを意識
〇曲げたつま先を内側に向ける(その際に太ももの裏の伸びを感じながらつま先を内側に向ける)

また、このようにタオルを利用しながら伸ばす方法もあります。 ↓
この際も「大腿二頭筋」を伸ばすには「つま先を内側」に向けましょう。
タオルを使った大腿二頭筋のストレッチ方法
この形を意識してストレッチを行えば「大腿二頭筋」はしっかりと伸ばせますよ。

大腿二頭筋の「トリガーポイント」と「放散痛」

では、次に大腿二頭筋の「トリガーポイント」と「放散痛」を見ていきましょう。
ちなみに、簡単に「トリガーポイント」と「放散痛」を説明すると、トリガーポイントとは「痛み・症状を発生させるコリ」を言い、放散痛とは「痛み・症状を感じる箇所・範囲」を言います。
大腿二頭筋のトリガーポイントと放散痛の解説
このように大腿二頭筋のトリガーポイントはポイントよりも膝裏周辺に強い痛みが出ます。
また、痛む範囲自体は広く、太ももの裏一帯に(とくに外側)に出やす傾向があります。
ですので、「膝裏を含め、太ももの外側」の痛みや症状を訴える方には大腿二頭筋も疑ってみましょう。

「トリガーポイント?」「関連痛?」施術者として知るべきこととは?
トリガーポイントや関連痛について解説しています。セラピスト・整体師の方は避けられない内容です。詳しく解説していますので見てください。お客様・患者様の体を把握する上でトリガーポイントや関連痛の知識は必須です。ぜひ今後の施術向上のために覚えましょう!

大腿二頭筋のアナトミートレイン

では、大腿二頭筋が関連しているの「アナトミートレイン」を確認しましょう。
ちなみにアナトミートレインを簡単に言いますと、筋肉と筋肉を繋ぐ「筋膜」を一本のラインに表したものです。
ちなみに「大腿二頭筋」のアナトミートレインは「2つ」あります!
見ていきましょう!
大腿二頭筋に走行する「スーパーフィシャルバックライン」「スパイラルライン」の解説
このように大腿二頭筋は2つのアナトミートレインが存在します。
それは「スーパーフィシャル・バック・ライン」と「スパイラル・ライン」です。

POINTスーパーフィシャル・バック・ライン
⇒全身の背面を走行している筋膜ライン
スパイラル・ライン
⇒頭部から足裏までをねじるように走行している筋膜ライン
〇 スーパーフィシャル ⇒ 表面的な
〇 スパイラル ⇒ ねじれ

これら2つの大きな共通点は頭部から足先まで繋がっていることです。
したがって、「背部全体的」の疲労や辛さを訴えるお客様でしたらこの2つのアナトミートレインの関連を考えて施術構成をしてみましょう。

アナトミー・トレインって何?どんなラインで種類はいくつ??
アナトミートレインとは何?という方に書いた記事です。「12本のラインってどんなライン?」「わかりやすい形で教えて!」という方は最後まで見てくださいね。セラピスト・整体師の初心者向けに書いていますので、できるだけ分かりやすく・具体的に書きました。

最後におさらい!

では、最後におさらいをしましょう!

おさらいPOINT
〇大腿二頭筋 ⇒ 「太ももの裏」の筋肉で「外側」にある
〇大腿二頭筋の働きは「膝を曲げる」「下半身を後ろに反らす」
〇大腿二頭筋のストレッチ ⇒ 「つま先は曲げ、膝は伸ばす」と「つま先を内側に向ける」
〇大腿二頭筋のトリガーポイントは「膝裏周辺に強い痛み」「太ももの裏(外中心に)全体」に痛みが出やすい
〇大腿二頭筋のアナトミートレインは「スーパーフィシャル・バック・ライン」「スパイラル・ライン」

これらの要点をしっかりと押さえてくださいね!
しっかりと今後の施術に生きますよ!
しかし、一回で覚えられる内容でもありません。
ですので、何度も見てくださいね。
そうしたら、自分の知識として身に付き「稼ぐ施術」ができますよ。