【施術者へ】上腕二頭筋を解説!初心者でも分かるように!

※本サイトは広告が表示されることもあります
「上半身」筋肉

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は「上腕二頭筋」の基本と関連部について解説していきます。
あなたは以下のような方ですか?

〇セラピスト・整体師を始めたばっかりで「上腕二頭筋」?…「力こぶだっけ?」「二の腕だっけ?」
〇「上腕二頭筋」を施術者として詳しく知りたいよ!

という方でしたらぜひ最後までご覧ください。
記事の最後の欄には「おさらいPOINT」として総まとめを書いておきます。
またセラピスト・整体師歴18年以上の筆者の見解も含めながら書いていきますね。

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

それでは行きましょう!

上腕二頭筋の解説!ざっくりと。

では、全くの初心者の方向けに「上腕二頭筋」とはどのような筋肉なのか解説していきます。
ちなみに読み方は「じょうわんにとうきん」です。
上腕二頭筋とは「力こぶ」の筋肉です。
この上腕二頭筋の働きとしては「肘を曲げる」時に使う筋肉になります。
「荷物を持っている時」などにはこの筋肉を使いますよね。

上記には簡潔に書きましたが、下には専門用語でも記載しておきますね。
(下の文章を見ると「見てられない、辛い」…って言う方は飛ばしてください 笑)

上腕二頭筋
起始:(長頭)肩甲骨 関節上結節
(短頭)肩甲骨 烏口突起
停止:橈骨粗面 、上腕二頭筋腱膜 (前腕内側面の深筋膜) 
作用:肘関節 屈曲
   肩関節 軽度屈曲
前腕 回外
支配神経 : 筋皮神経(C5, 6)
上腕二頭筋の拮抗筋 : 上腕三頭筋

上腕二頭筋のストレッチを知ろう

では、上腕二頭筋のストレッチについて見ていきましょう。
下の絵のストレッチを見てください。

このように「上腕二頭筋」をストレッチする際には図のように①→②の順番で行いましょう。
上腕二頭筋は「肩甲骨」に付着している筋肉なので、ストレッチをする際には「肩の固定」が必要になります。
ですので、壁に添えている手はしっかりと壁に付いておきましょう。
覚えてくださいね↓

POINT①「指先を後ろに向けながら、肘を伸ばし、壁に手を添える

②「上記の姿勢を維持したまま、体を外側にひねる」

この流れを意識してストレッチを行えば「上腕二頭筋」はしっかりと伸ばせますよ。

上腕二頭筋の「トリガーポイント」と「放散痛」

では、次に上腕二頭筋の「トリガーポイント」と「放散痛」を見ていきましょう。
ちなみに、簡単に「トリガーポイント」と「放散痛」を説明すると、トリガーポイントとは「痛み・症状を発生させるコリ」を言い、放散痛とは「痛み・症状を感じる箇所・範囲」を言います。

このように上腕二頭筋のトリガーポイントは筋肉の起始・停止周辺に強い痛み・症状があります。
また、肩の後面にも痛み・症状を感じます。
なので「肩こり」を感じる筋肉とも言えますよね。
したがって、上腕(前面)全体に痛み・違和感を感じ、また肩こりも感じているお客様・患者様には「上腕二頭筋のトリガーポイント」も疑ってみましょう。

上腕二頭筋のアナトミートレイン

では、上腕二頭筋が関連しているの「アナトミートレイン」を確認しましょう。
ちなみにアナトミートレインを簡単に言いますと、筋肉と筋肉を繋ぐ「筋膜」を一本のラインに表したものです。

このように上腕二頭筋は「ディープ・フロントアーム・ライン」と言われる、腕の深部(前側)の筋肉と関連しています
もちろん「深部」・「前側」という単語を使っているので「浅部」「後側」もあります。
したがって、お客様のお体が「腕の前面が気になる」とおっしゃっていたら、上腕二頭筋も疑ってみましょう。

最後におさらい!

では、最後におさらいをしましょう!

おさらいPOINT
〇上腕二頭筋 ⇒ 「力こぶ」の筋肉
〇上腕二頭筋の働きは「肘を曲げる」
〇上腕二頭筋のストレッチ ⇒ 壁に手を添え、体を固定する
〇上腕二頭筋のトリガーポイントは筋肉の起始・停止だが、肩こりも感じやすい。
〇アナトミートレインでは「腕の深部(前面)」に関連する

これらの要点をしっかりと押さえてくださいね!
また、これらの内容は今日だけでは覚えられません。
ですので、繰り返し見てもらって周りのスタッフの方々に差をつけてくださいね。