【施術者へ】内側広筋を解説!初心者でも分かるように!

※本サイトは広告が表示されることもあります
「下半身」筋肉

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は「内側広筋」の基本と関連部について解説していきます。
あなたは以下のような方ですか?

〇セラピスト・整体師を始めたばっかりで「内側広筋」?……、読み方教えて!!
〇「内側広筋」を施術者としてしっかりと知りたい!

という方でしたらぜひ最後までご覧ください。
記事の最後の欄には「おさらいPOINT」として総まとめを書いておきます。
またセラピスト・整体師歴18年以上の筆者の見解も含めながら書いていきますね。

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

それでは行きましょう!

内側広筋の解説!ざっくりと。

では、全くの初心者の方向けに「内側広筋」とはどのような筋肉なのか解説していきます。
ちなみに読み方は「ないそくこうきん」です。
内側広筋とは「ももの前側」の筋肉です。
正確に言うと「ももの前側の内寄り」の筋肉になります。
なので「内側広筋」です。
この「内側広筋」とは「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」という筋肉の一部になります。
内側広筋の働きとしては「膝を伸ばす」という動きになります。

上記には簡潔に書きましたが、下には専門用語でも記載しておきますね。
(下の文章を見ると「吐き気する」が…って言う方は飛ばしてください 笑)

内側広筋
起始:大腿骨 粗線内側唇
停止:膝蓋靭帯を経て脛骨粗面
作用:膝関節 伸展
支配神経 : 大腿神経(L2 , 3, 4)
内側広筋の拮抗筋 : ハムストリングス

内側広筋のストレッチを知ろう

では、内側広筋のストレッチについて見ていきましょう。
下の絵のストレッチを見てください。

このように「内側広筋」をストレッチする際には図のように「膝を曲げる」「つま先を外側に向ける」ことを意識しましょう。
おそらくここで疑問が湧く方もいるかもしれません。
どうして「つま先を『外側』に向けるんだろ??」と。
基本的にストレッチの構造はその筋肉の動きの「反対の動き」をすることです。
したがって、「内側広筋」という「内側の筋肉」を伸ばすので反対の動きである『外側』につま先を向けます。
(一度、自分でもやってみてください)
覚えてくださいね↓

POINT〇膝を曲げる
〇つま先を外側に向ける

この2点を意識しながらストレッチを行えば「内側広筋」はしっかりと伸ばせますよ。

内側広筋の「トリガーポイント」と「放散痛」

では、次に内側広筋の「トリガーポイント」と「放散痛」を見ていきましょう。
ちなみに、簡単に「トリガーポイント」と「放散痛」を説明すると、トリガーポイントとは「痛み・症状を発生させるコリ」を言い、放散痛とは「痛み・症状を感じる箇所・範囲」を言います。

このように内側広筋のトリガーポイントはトリガーポイント周辺に痛み・症状が発しやすいですが、「膝周辺(特に内側)」にも強い痛みを発しやすいことも特徴です。
したがって、「膝周辺」に痛み・違和感を感じていている方は「内側広筋」も疑って施術の計画を立ててみましょう。

内側広筋のアナトミートレイン

では、内側広筋が関連しているの「アナトミートレイン」を確認しましょう。
ちなみにアナトミートレインを簡単に言いますと、筋肉と筋肉を繋ぐ「筋膜」を一本のラインに表したものです。

このように内側広筋は「スーパフィシャル・フロント・ライン」である、体の「表層の前面」と関連している筋肉です。
したがって、お客様のお体が「体の前面が気になる」となっているのでしたら、内側広筋や大腿四頭筋も疑ってみましょう。

最後におさらい!

では、最後におさらいをしましょう!

おさらいPOINT
〇内側広筋 ⇒ 「太ももの前側で内寄り」筋肉
〇「大腿四頭筋」の一部である内側広筋
〇内側広筋の働きは「膝を伸ばす」
〇内側広筋のストレッチ ⇒ 「膝を曲げる」「つま先を外側に向ける」
〇内側広筋のトリガーポイントは「膝周辺(特に内側)」にも痛み・症状
〇アナトミートレインでは「表層の前面」に関連する

これらの要点をしっかりと押さえてくださいね!
また、これらの内容は今日だけでは覚えられません。
ですので、繰り返し見てもらって周りのスタッフの方々に差をつけてくださいね。