【施術者へ】前脛骨筋を解説!初心者でも分かるように!

※本サイトは広告が表示されることもあります
「下半身」筋肉

こんにちは!セラピスト・整体師・ダイエットアドバイザーのゆーパパです。
今回は「前脛骨筋」の基本と関連部について解説していきます。
あなたは以下のような方ですか?

〇セラピスト・整体師を始めたばっかで「前脛骨筋」って何ですか…?
〇「前脛骨筋」、読み方すらさっぱり…

という方でしたらぜひ最後までご覧ください。
記事の最後の欄には「おさらいPOINT」として総まとめ を書いておきます。
またセラピスト・整体師歴18年以上の筆者の見解も含めながら書いていきますね。

文章のデザイン
絶対「覚えてほしい」=太字
この記事の要点=黄色マーカー
筆者の思い=赤下線

ではいきましょう!

前脛骨筋の解説!ざっくりと。

では、全くの初心者の方向けに「前脛骨筋」とはどういう筋肉なのか解説していきます。
ちなみに読みは「ぜんけいこつきん」です。
前脛骨筋は「足首を曲げる」時に使う筋肉です

この「足首を曲げる」という動きは「立っている時」の基本 ですよね。
ですので、「立ち仕事の方は疲れやすい筋肉」 ということを覚えておきましょう。
(デスクワークでも疲れますので誤解はしないでくださいね)
(また、車の運転のアクセル・ブレーキ操作などでも前脛骨筋を使いますね

POINT〇「足首を曲げる」筋肉
〇「立ち仕事」は疲れやすい筋肉

上記には簡潔に書きましたが、下には専門用語でも記載しておきますね。
(見ていると目が廻る…って言う方は飛ばしてください 笑)

前脛骨筋
起始:脛骨外側顆 、脛骨外側面上1/2 、下腿骨間膜
停止:内側楔状骨の内側面 および 足底面 、第一中足骨底
作用:足関節 背屈支配神経 : 深腓骨神経 (L4 , 5 , S1)
前脛骨筋の拮抗筋 : 長腓骨筋 、下腿三頭筋 、足底筋 、後脛骨筋

前脛骨筋のストレッチを知ろう

では、前脛骨筋のストレッチを見ていきましょう。
下の絵のストレッチを見てください。

これらのストレッチは見た目は違いますが、同じ共通点 があります。
それは〇印を付けた箇所です。
具体的にはこちら↓

POINT〇足首を伸ばすように固定する
〇膝を持ち上げる

この2箇所を注意しながらストレッチを行うと「前脛骨筋」はしっかりと伸びます。

前脛骨筋の「トリガーポイント」と「放散痛」

では、次に前脛骨筋の「トリガーポイント」と「放散痛」を見ていきましょう。
ちなみに、簡単に「トリガーポイント」と「放散痛」を説明すると、トリガーポイントとは「痛み・症状を発生させるコリ」を言い、放散痛とは「痛み・症状を感じる箇所・範囲」 を言います。

このように「前脛骨筋」はトリガーポイントが痛みの強い場所ではなく、「足首」や「親指」に痛みや症状がでてきやすいことが分かります。
ですので、これらを知っているだけでも足回りの施術の流れが変わりますね。

前脛骨筋のアナトミートレイン

では、前脛骨筋が関連している「アナトミートレイン」を確認しましょう。
ちなみに前脛骨筋が関わるアナトミートレインは「2つ」ありますので、確認してみてください。
また、アナトミートレインを簡単に言いますと、筋肉と筋肉を繋ぐ「筋膜」を一本のラインに表したものです。

このように前脛骨筋は体の前面だけでなく、体の背面・肩甲骨周りや首にも関わっていることが分かります。
したがって、前脛骨筋の硬さは全身に影響を及ぼすということを覚えておきましょう。

最後におさらい!

では、最後におさらいをしましょう!

おさらいPOINT
〇「足首を曲げる時」に使う筋肉
〇立ち仕事や車の運転に疲れやすい筋肉
〇ストレッチの注意点は「足首を伸ばす」「膝を持ち上げる」
〇前脛骨筋のトリガーポイントは「足首」や「親指」に強く症状が出やすい

これらの要点をしっかりと押さえて皆さんの施術に活かしてくださいね!
また、これらの内容は今日見ただけでは覚えられません。
ぜひこのブログを繰り返し見てもらって「自分のもの」にしてくださいね。